■ モデル用資料〜ショーの歩き方、配置〜 ■

応募要項事前ミーティング配布資料(改訂版)│モデル用資料│

  当日のファッションショーのモデルの歩き方です。岩手猛牛会の演奏に合わせて、かっこよく決めましょう!


 

(1)
  • モデル(総勢50人)は2人ずつウォーキングし、全25組で各組1分程度のショーをおこなう。
  • 基本的には、1組ごとにウォーキングし、二人のモデルはそれぞれ端から歩き出し各人が両端に到達したら、次の組がスタートする、という流れをくり返していく。
  • 奇数番のモデルをAグループとし、偶数番のモデルをBグループとして、両端で待機してもらう。
(2)
  • 音楽のリズム(拍)に合わせて歩き、『歩く〜立ち止まりポーズをとる〜歩く』の動作をくり返す。
  • 1つの組のウォーキングが終わったら、次の組がスタートし、2つ次の組が位置に向かう。
    スタートのタイミングはサポートスタッフの指示に従う。
  • ウォーキングの終了した人は、別グループの最後尾につく。
  • ★、●の部分では、ポーズをとり、アピールしてもらう。特に、●の部分では、二人のモデルが同じ場所で立ち止まるポイントであり、且つ★の2倍の時間立ち止まるので、★の部分に比べ、よりアピールすることができます。
(3)
  • 全員のショーが終わった時点でAグループとBグループの位置が入れ代わった状態になる。
  • 最後は全員で、順番通りに横一列に並び、観客に対して一礼する。

 

●ファッションショーについて
  • 時間 14:30〜15:30
  • 場所 大通りのCD33ビル前〜映画館通りの交差点